吹田市北千里の内科・消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 内視鏡

MENU

消化器内科

Digestive organ internal medicine

DIGESTIVE ORGAN INTERNAL MEDICINE消化器内科

消化器内科

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸、肛門、肝臓、胆のう、膵臓などの病気に関する専門的な診療を行っております。

このような症状でお困りではないですか?

  • 腹痛
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • 胸やけ
  • 体重減少
  • 便秘
  • 下痢
  • 便潜血陽性
  • 血便・下血

対象となる主な疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道ヘルニア
  • 慢性胃炎・萎縮性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌
  • 大腸ポリープ
  • 憩室炎・憩室出血
  • 虚血性腸炎
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 便潜血陽性
  • 機能性ディスペプシア
  • 過敏性腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病

逆流性食道炎(GERD)

逆流性食道炎となった場合、以下のような症状がみられます。
胸やけ、胸のむかつき、胃もたれ、酸っぱいものが上がってくる感じ、慢性的な咳、みぞおちの痛み、げっぷ、みぞおちの違和感、吐血などこのような症状がみられる場合は、逆流性食道炎である可能性がありますので、胃カメラを受けましょう。

逆流性食道炎とは、胃酸が食堂へ逆流して、食道粘膜を荒らすことで発症します。胃酸はpH1ともなる強力な酸であり、タンパク質を消化するプロテアーゼなど様々な酵素を含みます。胃の粘膜は、胃酸に溶かされないように粘液などの防御機構があるため、通常障害を受ける事がありません(これが崩れた時に起こるのが胃潰瘍です)。食道粘膜には胃ほどの防御機構がありませんので、ひとたび胃酸にさらされると刺激を受けて上記のような症状が起こります。場合によっては、赤く炎症を起こしたり、「びらん」と言って粘膜が削れたようになってしまいます。

胃カメラをすると、食道粘膜の荒れ具合がよくわかります。通常、改定ロサンゼルス分類というものを用いて、荒れ具合をGrade「N」「M」「A」「B」「C」「D」の6段階で評価します。Grade「N」では、胃カメラで見る限り食道粘膜に異常を認めないものをいいます。
カメラで異常がない場合でも、胃酸の逆流により上記のような症状がでることは多くあり、NERD(ナード):non-erosive reflux diseaseと呼びます。これも逆流性食道炎のひとつであり、治療が必要になります。

逆流性食道炎を悪化させる因子として、喫煙、アルコール、高脂肪職、柑橘類、チョコレート、コーヒー、炭酸飲料、一部の薬剤、食べ過ぎ、などがあります。

逆流性食道炎の治療としては、上記の因子にあるような生活習慣の改善のほか、胃酸を抑えるお薬の内服を行います。プロトンポンプ阻害薬という薬剤が基本となります。それの効果が不十分であったり、重症であったりする場合はカリウムイオン競合型アシッドブロッカーという種類のお薬を使用することもあります。それらの薬剤の使用によりほとんどの方の症状をとる事が期待できます。

胸やけなど逆流性食道炎が疑われるような症状であっても、胃カメラ検査をしてみると食道がんや胃がん、胃潰瘍など、別の病気が見つかることがあります。そのため、逆流性食道炎が疑われる場合は、胃カメラ検査を受けるようにしましょう。

便潜血(べんせんけつ)

便潜血で1回でも陽性反応が出た時には、必ず消化器内科を受診し大腸カメラを受けましょう。

なぜなら、便潜血で1回でも陽性がでた場合は「大腸がん」の疑いがあるからです。
しかし便潜血で陽性だからといって、必ず大腸がんであるわけではありません。

また「1回だけ陽性で、2回目は陰性だったら大丈夫」というのは、危険な誤解。
便潜血で1回でも陽性になったという結果が、大腸がんの診断として重要だからです。
便潜血で陽性になった後に、再度便潜血検査を受け陰性になるかを確認する方がいらっしゃるのですが、陽性になったら大腸カメラ(内視鏡検査)ということを覚えておきましょう。

便潜血(べんせんけつ)検査とは

便の中に血液が混じってないかを調べる検査のことです。
便潜血とは、肉眼では見えない程度の微量の血液が混じった便がでていることを指し、便潜血検査を行うことで、肉眼では確認できない微量の便中血液の有無を調べることができます。
便潜血検査は、スティックを用いて便を採取する体の負担が少ない検査で、大腸がんのスクリーニング検査として用いられます。
大腸がんのスクリーニング検査とは、大腸がんの可能性がある人を見つける検査のことです。

便潜血検査の目的は何か

便潜血検査の目的は、大腸がんの可能性がある人を見つけるためです。
大腸がんの有無を診断するためには、大腸内視鏡検査を受ける必要があります。
しかし大腸内視鏡検査ができる医師の数も限られ、かつ患者様の負担も大きい検査のため、無作為に大腸内視鏡検査を行うことは現実的ではありません。
そこでスクリーニング検査としての便潜血検査を用いることで、大腸がんの可能性がある人を見つけます。
便潜血検査で1回でも陽性になった方は、必ず二次検査である大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

さなだ内科・消化器内科クリニックでは、患者様の負担を限りなく0にするために、眠っている間に大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が終わる鎮静剤を用いた検査を行なっています。

当院の大腸カメラについて

便潜血とストレス

ストレスが直接的な要因になって、便潜血を引き起こすということはないと考えられます。
ストレスによって引き起こされると考えられるのは便秘や下痢などの便通異常です。
便秘や下痢などを繰り返すことで痔が悪化したりすることで、便に血液が混じることはあるでしょう。

便潜血と痔

便に血が混じる主な原因の1つに痔があります。
いぼ痔、切れ痔共に便潜血の原因になり、便から血が検出されたとしても、大腸がんや大腸ポリープではなく痔が原因だったということも充分にあります。
しかし一番怖いのが、便潜血検査が陽性だった場合にその原因を痔だと思い込み、大腸内視鏡検査を受けずにいること。
これにより発見できたかもしれない大腸がんを見逃し、知らないうちに大腸がんが進行してしまう可能性もあります。

大腸がんは、早期発見により生存率を高めることができる病気です。
便潜血で陽性になった場合、痔だと思い込まずに大腸内視鏡を受診しましょう。

当院の大腸カメラについて