吹田市青山台の内科・消化器内科・肝臓内科

〒565-0875 大阪府吹田市青山台3-27-2

06-6155-3737

MENU

消化器内科

Digestive organ internal medicine

DIGESTIVE ORGAN INTERNAL MEDICINE消化器内科

消化器内科では、食道、胃、十二指腸、大腸、肛門、肝臓、胆のう、膵臓などの病気に関する専門的な診療を行っております。

次のような症状がある方は、当クリニックへご相談ください。

  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 胃の痛み
  • 胃の不快感
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便
  • 腹部膨満感
  • 肛門痛
  • 検診異常(便潜血陽性、ピロリ菌陽性、バリウム検査異常 など)

逆流性食道炎(GERD)

逆流性食道炎となった場合、以下のような症状がみられます。
胸やけ、胸のむかつき、胃もたれ、酸っぱいものが上がってくる感じ、慢性的な咳、みぞおちの痛み、げっぷ、みぞおちの違和感、吐血などこのような症状がみられる場合は、逆流性食道炎である可能性がありますので、胃カメラを受けましょう。

逆流性食道炎とは、胃酸が食堂へ逆流して、食道粘膜を荒らすことで発症します。胃酸はpH1ともなる強力な酸であり、タンパク質を消化するプロテアーゼなど様々な酵素を含みます。胃の粘膜は、胃酸に溶かされないように粘液などの防御機構があるため、通常障害を受ける事がありません(これが崩れた時に起こるのが胃潰瘍です)。食道粘膜には胃ほどの防御機構がありませんので、ひとたび胃酸にさらされると刺激を受けて上記のような症状が起こります。場合によっては、赤く炎症を起こしたり、「びらん」と言って粘膜が削れたようになってしまいます。

胃カメラをすると、食道粘膜の荒れ具合がよくわかります。通常、改定ロサンゼルス分類というものを用いて、荒れ具合をGrade「N」「M」「A」「B」「C」「D」の6段階で評価します。Grade「N」では、胃カメラで見る限り食道粘膜に異常を認めないものをいいます。
カメラで異常がない場合でも、胃酸の逆流により上記のような症状がでることは多くあり、NERD(ナード):non-erosive reflux diseaseと呼びます。これも逆流性食道炎のひとつであり、治療が必要になります。

逆流性食道炎を悪化させる因子として、喫煙、アルコール、高脂肪職、柑橘類、チョコレート、コーヒー、炭酸飲料、一部の薬剤、食べ過ぎ、などがあります。

逆流性食道炎の治療としては、上記の因子にあるような生活習慣の改善のほか、胃酸を抑えるお薬の内服を行います。プロトンポンプ阻害薬という薬剤が基本となります。それの効果が不十分であったり、重症であったりする場合はカリウムイオン競合型アシッドブロッカーという種類のお薬を使用することもあります。それらの薬剤の使用によりほとんどの方の症状をとる事が期待できます。

胸やけなど逆流性食道炎が疑われるような症状であっても、胃カメラ検査をしてみると食道がんや胃がん、胃潰瘍など、別の病気が見つかることがあります。そのため、逆流性食道炎が疑われる場合は、胃カメラ検査を受けるようにしましょう。