吹田市青山台の内科・消化器内科・肝臓内科

〒565-0875 大阪府吹田市青山台3-27-2

06-6155-3737

MENU

胃カメラ
(上部消化管内視鏡検査)

Gastrocamera

GASTROCAMERA胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

一般に「胃カメラ」と言われている検査のことです。
口、もしくは鼻から内視鏡スコープを挿入し、食道、胃、十二指腸を観察します。
この検査を行う事で、胃がん・胃潰瘍・萎縮性胃炎(ピロリ菌による胃炎)などの胃の病気や食道がん・逆流性食道炎などの食道の病気、十二指腸潰瘍・十二指腸ポリープなどの十二指腸の病気など様々な病気を見つける事ができます。
組織採取(生検)などが特になければ、検査時間はおよそ5分ほどになります。

当院では「細径スコープ」での胃カメラ検査を行っております。いわゆる経鼻スコープと言って、鼻から挿入できる太さのカメラで、約5.8㎜と非常に細いため、のどの違和感が非常に少ない検査を行う事ができます。
細径スコープを使用する場合でも鎮静剤を用いて眠った状態でも検査を行う事ができますが、のどの違和感が少ないため、少ない鎮静剤でも苦痛なく検査を行う事ができます。
最近ではカメラの技術の向上により細径スコープの画質も良くなっており、通常径のスコープと遜色ない画質のため、胃がんの拾い上げ検査(スクリーニング検査)を行う分には十分なレベルの画質になっています。

当院では、できるだけ苦痛なく質の高い検査を行うことにより、多くの方に胃カメラを受けて頂くようになっていただき、進行した状態で癌が見つかるようなことが無くなるようにしていきたいと考えております。

特徴① 鎮静剤を使用した苦痛のない胃カメラ

鎮静剤を使用して、眠った状態で検査を受ける事が出来ます。
この検査のメリットは大きく2つあります。1つ目は「苦痛が限りなく少ないこと」2つ目は「安定した検査が可能にし、病変発見率を向上できること」です。
「苦痛が限りなく少ない」というのは、点滴で「眠り薬」や「麻酔」を投与することで、数秒から数十秒で眠った状態にし、その間に胃カメラ検査を行うため、気づかないうちに検査が終了するような状態になります。通常胃カメラでは、体質などにより嘔吐反射や咳などで苦しんでしまう患者様もいらっしゃります。そういった方も寝ている間に検査を終えられるため、メリットが非常に大きいと言えるでしょう。「安定した検査が可能にし、病変発見率を向上できること」についても説明します。胃カメラでは、検査中に胃の中に空気を充満させ胃を膨らませ胃のひだを伸ばし、ひだの隙間も全て検査を行います。しかし鎮静剤がない場合、胃の膨満感かげっぷをしてしまったりすると胃が収縮しひだの隙間まで検査することができなくなります。また嘔吐反射や咳などが発生した場合にカメラが揺れ動き、検査をスムーズにできなくなったり、検査自体が十分にできなくなる可能性があります。鎮静剤を用いることで、げっぷや嘔吐反射などを抑え、安定したスムーズな内視鏡検査を実現することができます。

検査が終わったら、リカバリー室へ移動してしばらく休んで頂きます。当院では、検査が終わると効果が速やかに切れていくタイプの鎮静剤を使用していますので、通常数分もたてば完全に覚醒することができます。そのため検査後長時間ベッドで休むことなく比較的すぐに帰宅する事ができます。

また、鎮痛剤を利用した内視鏡の一般的な注意点についても記載いたします。

  • ご自身で車を運転しての来院・帰宅はご遠慮いただきます。
  • 鎮静剤を使用する際には、呼吸や血圧などのバイタルサインを常時モニタリングする必要があるため、対応できる医師が限られます。
  • 検査終了後に鎮静剤の効果が切れるまで10分から20分ほど休む必要があります。

特段大きな注意点はございませんが、事前に医師に確認していただければと思います。
デメリットと比較してメリットが非常に大きい検査のため、多くの方にご採用いただいている検査になります。

特徴② 内視鏡検査や治療の経験が豊富な医師による胃カメラ検査

当院の院長は、済生会千里病院で長年にわたって内視鏡診療にたずさわってきており、多くの早期胃がんや早期食道がんの内視鏡治療を行ってきた経験があります。また多くの後進の医師への指導も行ってきました。当然ながら内視鏡検査も数多く行っており、その経験を生かした正確な検査と、わかりやすい説明を心がけております。

特徴③ 土曜日の胃カメラ検査

進行胃がんとなって見つかる方を一人でも減らすためには、多くの方に検査を受けて頂く事が重要であると考えています。特に平日はお仕事が忙しいという現役世代の方にも検査を受けて頂く必要があると考えています。そういった方はぜひ土曜日に検査に受けて頂きたいと思います。

特徴④ BLI、LCIを使用した高精度の観察、胃がんの拾い上げ検査

BLI(Blue Light imaging)やLCI(Linked Color imaging)とは、当院が採用しているフジフィルム社製の内視鏡に搭載されている「レーザーやLED等の複数の光源を高精度に制御するとともに、画像処理を組み合わせることで、目的に応じた観察画像を作り出す技術」のことです。これらの最新の画像技術を用いる事で、胃粘膜の状態の判断や胃がんの拾い上げを容易にすることができます。
従来の胃カメラでは、観察しづらかった病変も拾い上げやすくなり、がんなどの早期発見に繋がりやすいというメリットがあります。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の受診はこんな人におすすめです。

①なんらかの症状がある方

特に、胸焼け、胃のもたれ、上腹部やみぞおちの痛み、胸の痛み、黄水があがってくる感じ、口の中が酸っぱい、苦い、のどの痛み、頑固な咳、上腹部の違和感、吐き気、黒い便のような症状がある方。
上記のような症状のある方は、胃になんらかの病変を抱えている可能性があります。胃内視鏡(胃カメラ)を用いることで原因特定できる可能性が高まります。

②40歳以上で一度も胃カメラを受けた事のない方

40歳を越えると、一般的に胃がんの罹患率があがると言われています。そして、胃がんは早期発見・早期治療が何よりも重要です。年に一度は、胃内視鏡(胃カメラ)の検査を実施するとよいでしょう。

③胃のピロリ菌を持っている方、除菌治療後の方、ピロリ菌の有無を調べた事のない方

ピロリ菌は、胃炎や胃潰瘍などをもたらすと言われ、慢性的な胃のダメージの蓄積が胃がん発症につながると言われています。 50歳以上の半数以上が、ピロリ菌を保有していると言われます。ピロリ菌を持っている方、除菌治療後の方、ピロリ菌の有無を調べた事のない方は胃内視鏡検査(胃カメラ)をおすすめします。

④ご家族・ご親戚で胃がんになられた方がいる方

胃内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

①胃内視鏡検査(胃カメラ)事前審査のご予約

お電話、インターネット予約、ご来院にて承っています。適切な検査実施のため、当院では事前診察を行っています。まずは、事前診察のご予約をお取りください。

②事前診察

現在の症状、病歴などを伺い、内視鏡検査実施日を決定いたします。当日は、保険証やお薬手帳、その他健診結果などをご持参ください。

③検査前日

夕飯は、21時までにお済ませになり検査完了まで食事は一切摂らないようにしてください。また夕飯についても、なるべく消化の良いもので済ませるようお願いします。水分は適宜摂るようにしてください。

④検査当日朝

朝食は必ず食べずにご来院ください。お薬などは医師の指示に従い服用するようお願いいたします。

⑤検査時

01
まずは胃をきれいにする薬を飲みます。
02
咽喉部もしくは鼻腔に麻酔をします。刺激の少ない麻酔で、内視鏡の通りをよくする効果があります。
03
リラックスできるよう、衣服をゆるく着ていただきます。
04
必要に応じて点滴から麻酔等の処置を行います。
05
検査実施時は、なるべくリラックスして医師の指示に従うようにしてください。検査は5分から15分ほどで終了します。

⑤検査後

10分から20分ほどもあれば完全に覚醒してきます。それまではリカバリー室でゆっくりとお休みしていただくことができます。
喉の麻酔が効いている30分ほどは飲食を控えていただきます。鎮静剤を使用した場合は車の運転を控えていただきますようお願いします。