吹田市北千里の内科・消化器内科 胃カメラ 大腸カメラ 内視鏡

MENU

発熱外来・コロナPCR外来

Fever / Corona PCR

当院での発熱外来の特徴

院内の発熱患者ゼロ」となるように皆さまにご協力をお願いしております。

当院では、発熱や呼吸器症状のある方の診療はクリニック奥に設営されたテントの中で行っております。そのため、院内の待合室に発熱や感冒症状のある方は入ることが無いように配慮しています。
テント内に患者さんが同時に二人以上入って頂く事はありません。常におひとりのみ(家族の同伴は可能です)入って頂くように時間を調整致しますので他の発熱患者さんと同室する事はありません。

クリニック前に駐車スペースがあるため、車で来られた方は車内で待機したり、車の中にいながらにしてコロナの検査を受ける事もできます。(いわゆるドライブスルー検査です)。

クリニック内には入る事はありませんので、待合などで他の患者様と顔を合わせる事はありません。外で待たされるようなことも原則ありませんので、他の患者様や通行の方に見られることもなくプライバシーが保たれています。またほかの患者様に感染を広げてしまう心配もありません。

新型コロナウイルス唾液PCR検査を行った場合、翌日以降に結果が判明しますが、原則お電話で結果を説明していますので、結果を聞くためだけに来院していただく必要はありません。

発熱を引き起こす病気は、感冒や新型コロナウイルス感染症だけではありません。他の細菌性肺炎や尿路感染症、胆のう炎、胆管炎など、原因となる疾患は多岐にわたります。しかし、現在のコロナ禍の中では、発熱があるという事で診療が受けられなかったり、必要な検査が受けられなかったりするような事も聞かれます。
当院では、まず迅速に新型コロナ感染症に関する検査を行い、陰性が確認された場合、その他の疾患について必要な検査を検討いたします。もちろん多くは通常の感冒などである事が多いので対症療法のみで自然に軽快していくことが多いと思われますが、発熱をきたす様々な疾患の可能性についても常に考えながら診療を進める事が重要であると考えています。

発熱外来の対象となる方

  • 発熱のある方(37.0度以上が目安となります。)
  • 現在は発熱がないが、最近発熱があった方
  • 咳、痰、倦怠感など風邪のような症状がある方
  • 味覚異常や嗅覚異常のある方
  • 新型コロナに感染している方と濃厚接触した方

発熱外来を受診するときの流れ

01

37度以上の発熱がある、もしくは風邪のような症状(咳、痰、鼻汁、咽頭痛)があったり、味覚・嗅覚異常、倦怠感などがある方は、受診する前に必ず電話にてお問合せ下さい。来院していただく時間などを相談させていただきます。できるだけWEBでも予約を取って、WEB問診の入力をしていただく事をお願いしております。

電話でのご予約はこちら(06-6155-3737)

WEBでのご予約はこちら

02
クリニックに到着されましたら、お電話でご到着された旨ご連絡下さい。
03-1
自動車で来院された方は、電話での到着連絡のあとそのまま車内でお待ちください。カルテが完成しましたら、電話で症状などの聞き取りを行います。検査の必要があると判断されましたら、敷地内の発熱患者用テントへ移動していただきます。
03-2
徒歩や自転車などで来院された方は、到着しましたらテントでお待ちください。受診される前、もしくはテント内へ移動後に電話で症状などの聞き取りを行います。
04
新型コロナウイルス感染症の可能性が疑われる場合は、テント内で迅速抗原検査や唾液などによるPCR検査などを行います。
発熱、かぜ症状のある方、また、陽性者と濃厚接触があった場合は医師の判断のうえで、新型コロナウイルスPCR検査や抗原検査を公費による行政検査で受ける事ができます(検査費用のみ無料)。
※医師ならびに看護師は、マスク、フェイスシールド、ガウン、手袋を装着して診察いたします。感染拡大防止のためご了承ください。
05
迅速抗原検査はその場で結果がわかりますが、PCR検査は早くて翌日の結果報告になります。お電話などで結果の報告をさせて頂きます。
06
コロナ検査が陽性となった方は、自宅で保健所からの指示を待っていただく事になります。
07
お薬の処方を行い会計後に帰宅となります。